普通自動車免許を取得しようと思った時、合宿参加が断然お勧めです。AT車で最短14日間~、MT車でも最短16日間~でスピード卒業ができ、効率的な免許取得に最適であるためです。そんな合宿免許、年間を通して教習所が催行していますが、春休みや夏休みなど学生が長期の休みになる繁忙期は入校者も多く料金も高くなりがち。

そこで都合がつくなら、閑散期と呼ばれる4月の合宿免許に参加しましょう!この記事では、普通自動車免許を取得しようと思っている方々に向けて、4月の合宿免許の魅力や料金相場や予約についてご紹介いたします。

1.4月の合宿免許の魅力

合宿免許は、シーズンによって様々な特徴があります。

4月において最大の魅力は、閑散期であるということ! そのため2・3月といった春休み、あるいは7月~9月にかけての夏休みと比べると、各段にお安い料金でご参加頂けます。

また、閑散期と言うことは入校者が少ないため、予約の自由度が高いことも示唆します。繁忙期、人気プランは2ヶ月前には既に埋まってしまっていたり、1ヶ月前には予約がどこもいっぱいだったりなんてことが往々にしてあるもの。大人数での入校の際などは、部屋割りや日程が制限されてしまうといった側面もあります。

一方閑散期であれば、1ヶ月ほど前でも予約の空きは結構あるもの。また、繁忙期にはシングルルームプランをやっていない教習所でも、閑散期には復活させる場合が多く、お一人でゆったりとご滞在したい方は閑散期のご参加が良いでしょう。

入校者がそもそも少ないためグループでのご参加も少なく、賑やかな雰囲気がないのも、4月入校の方からご好評頂くポイント。講習をじっくり受けられた、分からないところを教官に質問しやすかったといったお声を頂きます(もちろん、時期問わずわからないところは率先して質問しましょう。また講習内容はシーズンに変わりはありません)。

お一人様のご参加も多く、同じ少人数同士の入校者と仲良くなった方も結構いらっしゃいます。 「一人での参加が不安」「騒がしい環境が苦手」といった方は、閑散期にあたる4月の入校がお勧めです。

加えて4月は、だんだんと気候も温暖になりますね。かと言って強い日差しが射すことも少ない時期であることに加えて春らしく様々な花が咲く季節でもありますので、教習の合間に観光したり、散歩したりといった気分転換が楽しい季節でもあります。

教習所の中には近隣施設の招待券や利用券を付属しているプランもありますので、春先の旅行感覚で合宿免許を楽しみましょう!

2.4月の合宿免許。時期による特徴と相場・予約状況

4月の合宿免許、基本的にこの月内は閑散期に当たります。 もっとも、中旬が最もオフピークとなっております。初旬は3月末から入校した春休み期間の学生でやや混雑していたり、下旬はゴールデンウィーク期間を利用して普通二輪免許を取得される入校者が目立ったりすることもあります。なお、ゴールデンウィークは長い方でも1週間強ほどとなるため、合宿免許で普通自動車免許を取得を目指す方には繁忙期には当たりません。

そんな4月の合宿免許の料金相場は希望される部屋タイプにもよりますが、だいたいAT車限定すと20万~25万円程度となります。MT車の運転も視野に入れた限定なしだと、もう数万円程度、料金がアップするイメージです。

これはあくまで平均となり、早割予約チャンスやグループ予約チャンス、自炊タイプやレギュラー(相部屋)タイプといったお得な制度を用いれば10万円台に抑えることも可能! ちなみに"合宿免許くりっく"ではキャッシュバックチャンスをご用意しております。指定条件に該当する方を対象に、教習所卒業時現金にてキャッシュバック分をお返しする、という嬉しいキャンペーン!下記のキャッシュバックチャンスをご用意しております。

・早割予約チャンス 入校日2か月前までのお申し込みで5,000円キャッシュバック

・グループ予約チャンス 2名または3名様以上でのお申し込みで1名様につき5,000円キャッシュバック

・団体予約チャンス 6~9名様でのお申し込みで1名様につき6,000円、10名様以上でのお申込みで1名様につき7,000円キャッシュバック

・学生予約チャンス 学生の方のお申込みで5,000円キャッシュバック

なお、合宿免許は料金に教習費、宿泊費、食費(自炊プランは除く)、交通費(教習所、出発地による)がコミコミとなっています。

教習所の中には近くの温泉や観光施設の利用券が特典として付属しているものも。また、合宿免許くりっく独自の保証制度も一緒にプランに含まれているので、通学免許に比べて比較的にお安く、また圧倒的に高効率に自動車運転免許の取得が可能となります。

4月の合宿免許のご予約については、入校日の1ヶ月前までを目途には済ませておきたいところです。 繁忙期だと、1ヶ月前にはもうどこも空きがなく予約ができなかったというケースも珍しくありませんが、閑散期では稀。1ヶ月前であればある程度豊富な日程・プランからご希望の合宿免許をお選び頂くことができるでしょう。

閑散期であれば直前でも空きのある教習所は結構多いですが、それでも直前予約だと入校までに用意すべき住民票や本人確認書類の調達が難しくなったり、ショッピングローンご利用の方は審査が入校日に間に合わないといった事例もあります。そのためできるだけ1ヶ月前にはご予約頂くことをお勧め致します。 なお、「シングルルームが良い」などの希望プランがある方や既に入校日が決まっている方は、できるだけ早く、遅くとも2か月前まで(2月)にはご予約を済ませて希望プランと早割を獲得しましょう!

3.4月の合宿免許で気をつけたいこと

3月の喧騒が嘘のように、閑散期に移り行く4月の合宿免許。

料金相場も比較的お安くご予約も取りやすい時期ですが、4月だからこそ気をつけたいこともあります。 まず一つ目は、初旬は春休み・下旬はゴールデンウィークに当たるため、交通機関が混雑する可能性がある、ということです。

しかしながら利用交通機関は教習所によって定められていることがほとんど。チケット支給のプランもありますが、ご自身でいったんお手配・お立て替え頂き、卒業後にご精算といった形がほとんどです。ご自身でお手配頂く際、混雑時期だとご希望の日時指定ができなかったり、満員電車に揺られて教習所に着くころにはぐったり・・・なんてことも。この時期は、余裕を持った手配を心掛けましょう。

また、4月下旬から始まるゴールデンウィーク期間で気をつけたいのが、教習所によっては教習をお休みしているところもあるということです。 この期間を全く受け付けないところや、祝日のみ教習を休むところ、ゴールデンウィーク期間はフル稼働するところ等、様々。

下旬からの連休期間中、祝日のみ教習を休むところは滞在自体できますが、その分卒業までの日程が延びることも考慮に入れなくてはなりません(もちろん通常時も、日曜休み等で考慮しなくてはなりませんが)。「●日までに免許を取得する」といった目標がある方は、余裕を持った入校を心掛けたいですね。

なお、合宿免許くりっくではご予約カレンダーに「最短卒業日」を提示しておりますので、ご予約時には気をつけて見てみて下さいね。

最後に4月の合宿免許で気をつけたいのが、温度調節です。

4月は徐々に温暖になるとは言え、全国的に朝晩は冷え込むことがほとんどです。また、お住まいの地域から離れた教習所を利用した方から、「思ったより寒かった」「まだ積雪があってビックリした」といったお声を頂くことも。宿泊先の地域の天候を調べ、温度調節しやすい上着や、夜冷えないためのウォームグッズ等を持ち込みましょう!

4.まとめ

4月の合宿免許についてご紹介致しました! 閑散期にあたる4月は料金もお安く、またシングルルーム等ご希望のプランをご予約頂きやすいシーズンです。

一方で4月は地域によっては寒さが厳しかったり、交通機関が混雑したりすることも。ご不明点やお気づきの点があれば、入校前に解決しておきましょう!ぜひお気軽にお問合せ下さい!

マイページ ログイン

初めてログインする方はコチラ