2月と言えば、ようやく学期末試験が終わり、春休みに突入した頃、あるいは大学4年生は、就職活動をひとしきり終え、卒業を待つ頃でしょうか。

この時期は時間も作りやすいので自動車普通免許の取得に最適な時期でもあります。実際、この時期で合宿免許に参加しようと、ご検討されている方も多いでしょう。

そこでこの記事では、年間を通して長期休みが取りやすいシーズンの中でも「2月」にフォーカスして、合宿免許プランのあれこれを徹底解説致します!

2月の合宿免許に参加するうえで知っておきたいことはもちろん、2月の合宿免許先の価格一覧表から空き状況までを掲載しておりますので、ぜひ比較検討しながらプランを立てて下さいね。

2月の合宿免許に参加するべき四つの理由

年間を通して繁忙期と言われることもある2月ですが、実はこの時期ならではのメリットは多く、2月の合宿免許に参加するべき四つの理由を、まず初めにご紹介致します!

まず一つ目は、長期休みがとりやすい時期である、ということ。

合宿免許は教習所の卒業までに、AT限定であれば最低でも14日間が必要になります。通学免許という道もありますが、学業や仕事との両立は意外と大変で、また教習の予約をいちいち取らなくてはならないことから、卒業まで数か月かかってしまうことはザラ。 そこで休みの取りやすい2月に、2週間みっちり合宿で自動車免許を取ってしまおう、というわけです。

ちなみに大学生はもちろん、進路が決まって卒業を控えた高校三年生の方,あるいは「二八(にっぱち。飲食や小売等で売上が鈍化する傾向にある2月・8月を指した言葉)」で長期休暇を取りやすい社会人の方にも当てはまりますね。 ちなみに大学生の就職活動は近年3月スタートとなることが多いですが、つまり2月に免許を取得しておけば、3月以降企業に提出するエントリーシートや履歴書の資格欄に「普通自動車免許」の取得を明記できますね。

二つ目は、上記のように様々な方々にとって参加しやすい合宿免許であるがゆえに繁忙期ということになりますが、そのため新しい出会いの中で切磋琢磨できる、というものです。 お一人でご参加される方もいらっしゃいますが、相部屋プランで同室になったお一人様の子と友達になった。あるいは同世代のグループで旅行気分を味わえて、学生時代の良い思い出になった。そうおっしゃる方も少なくありません。

三つ目は、冬場と言うこともあり、温泉や食事が美味しい季節である、ということ。 合宿免許の良いところは、あくまで教習が目的でありながら、日常生活から離れた生活圏を楽しめることにもあるのではないでしょうか。 とりわけ繁忙期となる2月・3月は教習所間での競争が激しいため、各学校楽しいイベントや食事特典を用意しているところも多いです。

なお、積雪の多い地域での教習についてお問合せを頂くこともありますが、これといったご心配は無用です。積雪地帯はそうでない地域以上に除雪インフラが整備されているため、教習所内や実際の教習時に使う道路が雪で埋もれていた…といったことはありません。もっとも、運転時や歩行時には注意が必要となります。

一方、これが四つ目の理由となりますが、3月に比べるとまだ入校者数がピークに達しておらず、費用を抑えられるケースが往々にしてあります。 2月末にかけてこのピークを迎えてしまうことになりますが、「できるだけ安く春休み中の合宿免許を」とお考えの方は、2月と3月であれば前者の方がお勧めです。

2月の合宿免許。よくある質問まとめてみました!~いつ予約すればいい?1月の予約は絶望的?相場はいくら?~

次に、2月の合宿免許でよくある質問をまとめてご紹介いたします。

予約はいつスタートするの?

早いところだと8月から既に先行予約が可能なところもありますが、本格的な予約開始となると9月です。 しかしながらプランはそれ以前に発表されることもあるので、サイトをチェックしておきましょう。だいたい春休みプランは、サイトのトップ等大々的に掲載されます。

いつまでに予約すればいい?

これは、早ければ早いに越したことがない、というのが例年の回答です。 もし既に日程や参加人数が決まっているなら、可及的速やかに予約を済ませてしまいましょう。

と言うのも、繁忙期の合宿免許はまだ数か月以上先にもかかわらず、かなり早い段階で埋まってしまうためです。 だいたい予約スタートからの毎月の動きをご説明すると、9月の時点で最安プランや、人気のプラン・教習所はじょじょに埋まっていきます。10月から本格的に予約数も増えていき、11月にさらに増加。そして12月・1月で予約ラッシュとも言える、山場を迎えます。

12月に入るとちらほらとキャンセル待ちオンリーの教習所も出てくるため、空いているところに滑り込むようなご予約が増え、これがラッシュを誘発することに… もっとも、1月は2月参加の方のキャンセルが発生しやすい時期でもあります。もし出遅れてしまったとしても、諦めずにお問合せ下さいませ。

キャンセル料金は発生する?

入校日の前日から起算して、21日前まではキャンセル料金は発生しません。例えば2月1日入校だとしたら、1月9日まではキャンセル料金は発生しない、ということ。 ただしキャンセル時には改めて予約を取り直さなくてはならず、その時に必ずしも希望通りのプランの枠が残っているとは限りません。また、人数分全員をキャンセルするケースだと、その分の予約の取り直しは結構大変。

とりあえず予約を抑える!というのもアリですが、なるべく早くスケジュール管理は行いたいですね。 なお、キャンセル料金については旅行条件説明書でご確認頂けます。

繁忙期の相場はいくらくらい?

入校日が2月は繁忙期と言うこともあり、31万円~38万円は想定しておきたいところです。なお、シングルルームプランや、AT限定なしの免許取得をお考えの場合は、40万円程度の相場感となることもあります。

繰り返しになりますが低価格のプランや人気プランはすぐに予約枠が埋まってしまう可能性がきわめて高いので、なるべく早い行動を心掛けましょう!

少しでも費用を抑えるためにはどうすればいいの?

年間を通して、どうしても高くなりがちな2月の合宿免許費用。しかしながら、もちろん裏技はあります! まず最もベーシックなパターンとしては、2月の早い時期の入校日を選択する、というもの。中旬になると本格的に相場が上がってしまいますが、それまではまだお安いプランもいくつかあるためです。

また、「早割」や参加人数による割引制度も上手に利用したいところですね。

合宿免許くりっくでは、入校日2か月前までのお申込みで、卒業時に5,000円以上,あるいは参加人数に応じた金額のキャッシュバック制度を設けておりますので、ぜひお問合せ下さいませ。

その他では相部屋プランや、食事をご自身でご用意して頂く自炊プランを利用するのが良いでしょう。

とは言え合宿免許は教習費用の他に、宿泊費用&食事,果ては往復の交通費(ルートやプランによっては上限あり)まで支給されます。万が一最短卒業ができなかった場合の保証もコミコミであることを考えれば、30万円台~は決して高すぎる金額ではありません。

2月に入校して、免許取得できるのは最短でいつ?

合宿免許の最短卒業日数は、AT限定で14日間、限定なしで15日間となっております。卒業後、ご自身でお住まいの地域の免許センターまで行き、受験のうえ晴れて普通免許取得となります。

日曜日は教習がお休みのケースもあるため多少遅れることもあるので、2週間強は見ておきたいですね。

つまり、2月中に免許を取得しておきたい方は、遅くとも中旬までに入校している必要があります。

万が一仮免や卒業試験に落ちてしまう可能性も考慮して、余裕を持ったスケジュールを設定しましょう。

一人参加でも大丈夫?

お一人様参加の方は、男女問わず多数いらっしゃいますので、ご安心下さいませ。 ツインルームやトリプルルーム等、参加人数に制限があるお部屋ももちろんありますが、シングルルームや相部屋プランをお申込み頂ければ問題ございません。

お一人様のご参加で、「集中して教習に打ち込めた」といった方もいらっしゃれば、「新しい友人ができた」といった方も。

ただし、シングルルームは非常に早い段階で予約が埋まってしまうので、注意が必要です。

大人数での参加。みんな一緒の部屋になれる?

春休みと言うこともあり、グループでのご参加が非常に多くなる時期でもあります。 ツインルームまたはトリプルルームならご用意がある教習所も多いですが、それ以上のご人数での参加となると、相部屋プランにお申込み頂きます。

しかしながら、5人、6人といった大人数の受け入れ体制が無かったり、そもそも空きが無いといった場合も。宿泊施設や教習所を分けてご参加頂く場合も想定しておきましょう。

なお、AT限定と限定なしで入り混じっている場合も、同時予約が困難な場合があります。入校日や卒業日をお互いで調整のうえ、ご参加頂くのが良いですね。 また、男女グループの場合、基本的に宿泊施設は男女別となりますので、ご了承下さい。男女同室をご希望の際は、カップルプランのご用意のある教習所もありますので、お問合せ頂ければと思います。

春休み 2月入校の合宿免許、シングルルーム空き状況速報

東日本方面

ただいまデータ取得中です。しばらくお待ちください。

西日本方面

ただいまデータ取得中です。しばらくお待ちください。

※2月入校の合宿免許を入校日の近い順にシングルルームのみ最大100件まで表示しています。これ以降の入校日やシングルルーム以外の部屋タイプについては、コールセンターまでお気軽にご連絡ください。

まとめ

2月の合宿免許についてご紹介いたしました。

2月は繁忙期ゆえに充実したプランや教習所のお楽しみを享受できたり、参加者数が多いことで新しい出会いがあるなど、2月ならではのメリットがあること。 相場感としては高いものの、低価格なプランや早割を利用して費用を抑えられること。とは言え予約は早い段階で埋まってしまうこともしばしばあるため、早めの行動を心掛けたいことをご理解頂けたでしょうか。

ぜひ2月に普通自動車免許を取得して、サクラの時期を迎えて下さいね。

マイページ ログイン

初めてログインする方はコチラ