2~3月は、合宿免許で最たる繁忙期となります。

しかしながら実はその直前の1月は、一年の中で混雑が緩和され、比較的ゆったりとお得に参加できることは、意外と知られていません。 まとまった休みをどこかで取って、一気に合宿で普通自動車免許を取得しよう。
そんな方は、ぜひ入校日を1月にしてみませんか?
この記事では、1月の合宿免許の魅力をご紹介するとともに、ご予約のタイミングや1月の料金表・空き状況を掲載いたしました!

①予約はいつまでに取るべき?

基本的に合宿免許のご予約は、早ければ早いに越したことはありません。入校日や参加人数が既に決定しているのであれば、すぐにでも予約してしまうことをお勧めします。 早ければ早いほど、ご希望の日程やプランが通りやすくなります。
「行きたい教習所がある」「グループみんなで同部屋が良い」「絶対にシングルルームにしたい」といった強いご希望がある場合は、9月~11月頃を目安に予約しておくのが吉です。また、1月下旬となるとだんだん予約が埋まっていきますので、入校日が遅い日付になる場合も、できるだけ早めの行動を心掛けたいですね。

とは言え1月は2・3月に比べると混雑まではしづらく、1か月前までのご予約でだいたいの教習所・プランは選択することが可能です。

ちなみにキャンセル料金が発生するのは、当サイトの場合は入校日の前日から起算して遡って20日前からとなっております。
そのためいったんご予約を取っておいて、変更があった場合にチャージ発生前にいったん取り消して予約を取り直すといった手もあり。しかしながらキャンセルは申し込んだグループ全員がキャンセルしなくてはならない場合もあるため、できるだけ最初のご予約で固めておきたいですね。

②費用を少しでも抑える方法はある?

繁忙期に比べればお得な料金設定ではある1月の合宿免許ですが、少しでもご予算を抑えたいところですね。
お得に参加するためには、繰り返しになりますが早く予約すること!低価格帯のプランは結構早く埋まってしまうものです。ちなみに低価格プランは相部屋や自炊プランが含まれます。

また合宿クリックでは、教習所によっては「早期予約チャンス」「グループ予約チャンス」「団体予約チャンス」といったキャッシュバックプランをご用意しております。早期予約チャンスとは、入校日の2か月前までのお申込みで5,000円キャッシュバック。
グループ予約チャンスとは、2名または3名様以上(教習所による)のお申込みの場合、1名様につき5,000円キャッシュバック。団体予約チャンスとは人数に応じて6,000円または7,000円キャッシュバックさせて頂く特典のことです。こういった特典を上手に利用しましょう。

③お一人様でも大丈夫?

繁忙期はグループでご参加される方も多いですが、閑散期は少人数でのご参加やお一人様が大変多いので、ご安心下さいませ。 長期休みとは異なり、確友人同士で予定を合わせづらい閑散期は、必然的に少人数のご参加が多くなるものなのです。
「メリット」の項でも述べたように、繁忙期にはシングルルームを制限している教習所もありますが、閑散期であれば比較的予約しやすいと言えます。 同じお一人様同士で仲良くなったという入校者様もおりますので、ぜひお一人様の合宿免許も楽しんで下さいね。

④持ち物や服装で気をつけることは?

ほとんどの地域で厳寒期にあたる1月は、とにかく温かい服装を心掛けて下さい。教習中はコートを着用したままだと動きづらいため、下着やセーター,靴下で暖を取るようにしたいですね。 また、宿泊施設は暖房がありますが、夜は冷え込むもの。ストールや何か羽織るものをお持ち込み頂いても良いかもしれませんね。
服装以外では携帯用カイロもおすすめです。貼り付けるタイプであれば教習中もこちらで暖を取れるので、いくつか持ってきておきたいですね。

また、主に太平洋側など、冬場に晴れが続く地域では乾燥対策も必須。 保湿クリームやのどスプレー,マスクなどを携帯しておきたいところです。

なお、前述のように合宿免許は最短卒業で14日間が必要になってきます。 これは通学免許の平均的な取得日数と比べるときわめて短いものとなりますが、やはりこの分の荷物となると結構多くなってしまいますよね。
教習所の宿泊施設にはランドリーが設置されておりますので、そちらを上手に利用したり、衣類圧縮袋を使ったりなど、荷物を小さくする工夫も大切です。 カイロやクリームは現地調達もできますので、近くの商業施設についてはお気軽にお問合せ下さいませ。

その他では常備薬やいつも使っている化粧品など、旅行で必要な持ち物を想定頂ければ良いでしょう。

⑤教習所がある地域ごとに気候を知りたい

地域ごとの気候を知っておけば、持ち物について対策が取りやすいですよね。
大まかになりますが、地域ごとの気候についてご紹介いたします。

まず北海道・東北・北陸は雪の多い地域となります。 風が強くなってより寒くなる場合もあるので、防寒対策はしっかりと行っていきましょう。
とは言えこういった積雪地帯は教習所施設の暖房や気密性がしっかりしていることがほとんどです。温泉を楽しめるところも少なくないので、あえて冬場に選ばれる方もいらっしゃいます。 なお、降雪はあるものの除雪技術が非常に進んでいるため、教習で使うコースは雪で覆われている・・・なんてことはないのでご安心下さい。

関東・関西は山岳地帯や日本海側では雪に見舞われることが多いですが、太平洋側は晴天続きとなることが多いです。
とは言え寒さが厳しいことは変わりませんので、防寒対策はしっかりと、が望まれます。

中国・四国地方もまた、日本海側や山岳地帯はやはり積雪地帯も少なくありませんが、太平洋側は高気圧によって晴れることが多い地域です。特に瀬戸内海側は温暖な一方で昼夜の気温差に要注意です。

九州地方は北部と南部でその天気が全く異なります。 福岡県、長崎県といった北九州地方は積雪も見られ、防寒対策は必須です。
南部の宮崎県や鹿児島県,沖縄県は冬でも暖かな地域であることで知られていますが、何度か大雪に見舞われるといったことも。合宿前に、しっかりとその年の寒さの傾向をチェックしておきましょう!

春休み前がお得!1月入校の合宿免許、シングルルーム空き状況速報

東日本方面

ただいまデータ取得中です。しばらくお待ちください。

西日本方面

ただいまデータ取得中です。しばらくお待ちください。

※12月入校の合宿免許を入校日の近い順にシングルルームのみ最大100件まで表示しています。これ以降の入校日やシングルルーム以外の部屋タイプについては、コールセンターまでお気軽にご連絡ください。

5.まとめ

1月の合宿免許についてご紹介いたしました!
1月は下旬から若干高くはなるものの、来る2・3月の繁忙期に比べればお安く、また混雑も少ないためゆったりとご希望のプランで合宿免許に参加しやすいこと。お一人様や少人数でのご参加が多いため、気軽に教官に質問したり一人の時間を楽しめること。とは言えシングルルームなどの人気プランは早くに埋まってしまうため、2~3か月前には予約しておくのが安心であること等をお伝えできたでしょうか。

ぜひ年始に自動車免許を取得して、その年の車ライフを楽しんで下さいね。

マイページ ログイン

初めてログインする方はコチラ