「師走」といった呼び名もあるほど忙しい12月ですが、実は合宿免許では閑散期に当たり、非常に狙い目。
ご希望のプランを取りやすく、また料金も繁忙期と比べてお安く設定されています。

とは言え12月の合宿免許は、他の月と比べてお問合せが多いことも事実です。確かに年末年始が重なっていて最短卒業日数がわかりづらかったり、年末年始はそもそもどう過ごせばいいのかといった疑問が出てきたり、予約はいつまでに取ればいいのか迷ってしまうかもしれません。
そこでこの記事では、12月の合宿免許について徹底解説いたします!

12月の合宿免許はとにかくお得!この時期ならではのメリットとは?

冒頭でも述べているように、12月の合宿免許はかなり狙い目!
そのメリットはいくつかありますが、まず何よりも料金が安いというのが嬉しいところではないでしょうか。

12月は旅行料金が高く設定されるシーズンですが、合宿免許においては年間を通して比較的安い時期です。
合宿免許の最短卒業日数はAT限定で14日間,限定なしで15日間となりますので、それだけ長期の休みを春休み・夏休み以外で取得するとなるとなかなか予定が合いませんよね。こういった理由から、12月はたとえ下旬であっても大きくは高騰しないものなのです。

その相場は、なんとAT限定で18万円台~25万円程度。限定なしだと、ここに2万円程度~上乗せされますが、2月・3月の繁忙期は30万円台後半が当たり前といった相場感と比べると、かなりお得な料金設定であることがおわかり頂けるでしょう。

また、混雑しないということは、それだけご希望のプランや日程で予約が取りやすいことを意味しています。
春休み期間を例に取ると、人気プランは10月で予約が埋まってしまったなんてことも珍しくありません。一方で12月であれば一か月前でも十分空きがあることが多いです。

もちろん希望プランがある場合は早く予約するに越したことはありませんが、直前まで予定がわからないといった方にとっては安心できるメリットですよね。 ちなみにシングルルームプランも、12月なら豊富なことも多いです。繁忙期はシングルルームの設定を行わない教習所もある中、12月なら比較的自由度高くお部屋の選択が可能です。

混雑しないため指導教官への質問がしやすかったり、同じ少人数参加・お一人様参加の入校者と仲良くなれたりといったメリットも、12月の閑散期ならではですね。

さらに12月は温泉や様々な海産物が美味しくなる季節。
温泉施設が付近にある教習所や食事自慢の教習所を選択して、年末旅行を兼ねた免許取得ができるのも12月ならではです。

12月の合宿免許で気をつけるべきは「年末年始」。希望日までに免許取得のためにはいつまでに入校すべきか?

前項でもご紹介したように、12月の合宿免許はお得さが大きなメリットとなります。 一方で12月ならではの注意点もあります。
それは、「年末年始」です。

年末年始はお休みになる教習所も多く、その期間をどう過ごすのかを知っておかなくてはなりません。
多くの宿泊施設は教習がお休みになっても、そのまま滞在することが可能です。また、一時帰宅可能な教習所もあるため、ご自身の年末年始の過ごし方を決めてからそれに合った教習プランを選ぶ、というのがポイントですね。
なお、一時帰宅が可能な場合、交通費は全額自己負担なのか支給されるのか,支給される場合の上限はいくらなのか、ルートに指定があるのかなども確認しておきましょう。

さらに、教習が休みになった場合、最短卒業日数が変更になることも念頭に置かなくてはなりません。
前述の通り通常AT限定で合宿免許の教習所卒業までの最短日数は14日間ですが、休日を挟むことで延長されることとなります。年末年始を挟んだ場合の最短卒業日数の目安は、3週間程度です。

合宿くりっくでは各教習所の入校日カレンダーに、入校日とともに最短卒業日も掲載しておりますので、ぜひとも参考にしてみて下さい。
もっともこれはあくまで「最短」です。仮免や卒業試験に落ちてしまった場合、さらに日数がかかってしまうこともあります。余裕を持った入校日を設定しておきましょう。年内に取得したい方は、12月の初旬には入校しておくことをお勧めいたします。

12月の合宿免許、予約はいつまでに取ればいい?

2月・3月の繁忙期と異なり、12月は直前であっても予約できるケースが散見されます。一か月前までに予約することを心掛けておけば、「どこにも空きがなかった」「キャンセル待ちしか選択肢がなかった」といったことはほとんどないでしょう。

とは言え人気プランは早くから埋まっていきます。 特にシングルルームやツイン等、人数によって決まった部屋割りが早くから予約されていくものです。
こういった人気プランを強くご希望される方,あるいは既に入校日が決まっている方は、できるだけ早く予約を取るのが一番です。9月・10月頃をめどに予約しておきたいですね。

さらに教習所によっては「早期予約チャンス」といって、入校日の2か月前までのお申込みで卒業時に5,000円キャッシュバックさせて頂くプランもご用意しております。団体割引などと合わせてさらにお得になりますので、駛馬のご予約が吉と言うことがおわかり頂けるでしょう。

なお、合宿くりっくからご予約いただいた教習所は、21日前まではキャンセル料金は発生しません(入校日の前日から起算して遡る)。

12月の合宿免許は持ち物にも注意が必要

12月は真冬にあたるため、寒さは多くの地域で厳しくなります。
北海道や東北,その他日本海側地域といった積雪地帯はもちろん、比較的温暖と言われる四国や南九州,沖縄でも夜は冷え込んでしまうものです。 教習中はコートを着たままだと動きづらくなってしまうので、下着やセーター,靴下,タイツといった温度調節のできる防寒着を持参しましょう。

また、貼るカイロも教習中に着衣の下から身体を温められるため、お勧めです。

太平洋側の高気圧が続く地域では、乾燥対策にマスクやのど飴,保湿クリームをお持ち頂くのをお勧めします。

冬場は防寒着のせいでどうしても荷物がかさばってしまいます。
滞在日数分持っていくのではなく、宿泊施設のランドリーを利用したり、お近くのショップやコンビニで現地調達したりするのも手です。また、衣類圧縮袋や大容量バッグなどを上手に活用したいですね。

冬休み 12月入校の合宿免許、シングルルーム空き状況速報

東日本方面

ただいまデータ取得中です。しばらくお待ちください。

西日本方面

ただいまデータ取得中です。しばらくお待ちください。

※12月入校の合宿免許を入校日の近い順にシングルルームのみ最大100件まで表示しています。これ以降の入校日やシングルルーム以外の部屋タイプについては、コールセンターまでお気軽にご連絡ください。

まとめ

12月の合宿免許についてご紹介いたしました!

12月は年間を通して閑散期に当たり、料金が安く設定されている,混雑しておらずゆったりとご希望のプランを予約できるといったお得なメリットがあること。一方で年末年始によって最短卒業日数がずれ込んでくる可能性があること。
予約は1か月前でも大丈夫な場合もありますが、できるだけ早い方がお勧めであることをご理解頂けたでしょうか。 ぜひ年末の旅行気分で自動車免許を取得してみて下さいね。

マイページ ログイン

初めてログインする方はコチラ